Noli Me Tangere(Demo)

Noli Me Tangere top image

「Noli Me Tangere」が、ゲームになってリリース!

日本とも関係が深い国、フィリピン。その国民的英雄と言われる「Jose Rizal(ホセ・リサール)」をご存知でしょうか。彼は、スペイン、フランス、ドイツなど、様々な国へ留学し、15ヶ国語以上を理解し、さらに、医師、小説家、画家でもあります。フィリピンを知性で革命に導いたと言われている人物です。

今回、紹介するのは、「Jose Rizal」の小説「Noli Me Tangere(ノリ・メ・タンヘレ:「私に触らないで」の意)」のゲーム版、モバイルアプリです。

👇 ダウンロードはこちらから 👇

Noli Me Tangere (Demo) - Apps on Google Play
Relive the story of one of the most iconic books written by the Philippines' National Hero, "Noli Me Tangere." Play as Crisostomo Ibarra and interact with the...

「The Noli 」プロジェクト

この「Noli Me Tangere」のゲーム化に取り組んだのは、フィリピン出身の留学生、Jason Alcantara(ジェイソン)です。2018年4月に来日し、奥多摩日本語学校で日本語とIT技術を学んでいました。

「Noli Me Tangere」のゲーム化には、卒業制作として取り組みました。2019年4月から9月までの長期にわたるプロジェクトです。

彼の卒業制作チームのテーマは「教育」。「教育」とテクノロジーというテーマで卒業制作に取り組みました。フィリピンの大学でゲーム制作について学んだ彼は、「Noli Me Tangere」のモバイルゲーム化に取り組みました。

なぜ「Noli Me Tangere」(ノリ・メ・タンヘレ)なのか?

実は、この小説、なんと63章もあり、400ページ以上にわたる大作なのです。しかも、高校生はこの小説を読むことが義務化されているとのこと。「全編を読むのは、すごく大変だった」と彼は言います。

そこで、誰もが簡単に、楽しみながらこの本の内容が理解できるようにとゲーム化に取り組んだのです。

孤独な制作作業

とはいうものの、このプロジェクトは、ジェイソンがたった一人で始めました。ユーザー調査、作画、デザイン、ゲームの設計、ダイアログの選出、コーディングまで、すべて一人で行ったのです。

当初の予定では、6章まで完成させるということでしたが、実際に作業を行ってみると、予想以上に大変だったようです。「見積もりが甘かった」と彼は言います。

「やりたいことやアイデアもたくさんあったんだけど、一人では全部やるのは、本当に大変だった」

と、言いつつも、最終的に1章、2章を完成させました。

ゲームの紹介

ここで、ゲームの内容をちょっとお見せしましょう。

パーティで女性たちが何やら話しています。

(この作画も、ダイアログもジェイソンによるものです)

そこにホセがやってきて、話しかけました。

女性の質問に対して、答えを選べるようになっています。


ゲームのデモ動画はこちら。
(フィリピンの高校生を対象にしているので、残念ながら日本語版はありません)

Noli Me Tangere: Demo (Pitch Video)

制作者:Jason Alcantaraの紹介

彼は、とても美しいアートポートフォリオを運営しています。

アートワーク | Online Portfolio

この中の3D化された奥多摩町のゆるキャラ「ワサピー」は、他のプロジェクトでワサピーの3Dゲームを作った時のもの。
(奥多摩町の使用許可をもらっています)

Qiitaにも記事を書いています。

@jason-alcantaraのマイページ - Qiita
ジェイソンと申します。フィリピン人です。奥多摩日本語学校の学生です。今は9ヶ月に日本に住んでいます。私はゲーム開発に興味があります。私の大学の専門はゲームデザインと開発です。それで、3Dと2Dモデリングが好きです。今は自分のゲームを作っています。

今後の展開は?

何と言っても63章のうち、まだ、1、2章しかできていませんからね。まだまだ、制作には、時間がかかりそうです。

ジェイソン曰く、「全部を1人で完成させるのは無理。『制作チーム』を編成して、63章まで完成させたい!」とのことです。興味のある方、ぜひ、お声がけください。

タイトルとURLをコピーしました