おくたま魅力発見プロジェクト

おくたま魅力発見プロジェクト

プロジェクト延期のお知らせ

 「奥多摩町まちづくり推進事業」として企画した「おくたま魅力発見プロジェクト」ですが、参加人数が規定に満たなかったため、この度、実施を見送ることに致しました

 このプロジェクトは、奥多摩町の魅力を探るために、奥多摩町に住む人にインタビューをし、そのインタビューを記事にまとめて発信することを予定していました。奥多摩には、まだまだ私たちが知らない魅力ある人々が暮らしています。これから未来を担う子どもたちが、私たちがまだ知らない奥多摩の魅力に触れ、自分たちの未来について考えるきっかけになればという思いから企画したものです。

 この企画に賛同し、多くの方からご協力をいただきましたが、実施に至らなかったのは、事業者である私の計画不足でした。ここにお詫び申し上げます。

 しかし、まだまだ、諦めていません!
 来年度に向けて、もっと魅力ある企画に育てていきます。ご期待ください。

企画内容

ちなみに、今回のプロジェクトは、下記の内容を考えていました。

第1回:説明会・交流会

第2回:奥多摩の魅力を考えよう

奥多摩の魅了って?? 奥多摩の未来ってどんなだろう? 
改めて、奥多摩について考え、これから始まるプロジェクトについて考えます。

第3回:先輩の話を聞いてみよう

第3回目のワークショップでは、「聞き書き甲子園」に参加したOB,OGの大学生2人が「聞き書き」の魅力について語るという企画を考えていました。
「聞き書き甲子園」とは、高校生が日本のさまざまな地域で暮らす森・川・海の名人を訪ね、一対一で「聞き書き」をするプロジェクトです。「聞き書き甲子園」卒業後も、「聞き書き」の活動を続けている多くの0B, OGがいます。

詳しくは、下記、Webサイトをご覧ください。

聞き書き甲子園|名人に会い、自然や文化、暮らしに触れる。
「聞き書き甲子園」は、日本全国の高校生が森や海・川の名手・名人を訪ね、知恵や技術、人生そのものを「聞き書き」し、記録する活動です。森の聞き書き甲子園として始まり、2011年から「聞き書き甲子園」と名称を変えて実施しています。

第4回:インタビューを考えよう

ここから、いよいよ、インタビューの準備に入ります。
インタビューの質問を考えたり、インタビューの練習をしたりします。

第5回:カメラワークを学ぼう

インタビュー記事には、写真も欠かせません。
そこで、第5回のワークショップでは、プロのカメラマンにカメラワークについて学ぶ予定でした。

講師は、中西祐介さんにお願いしました。
現在、フリーランスで活躍されているフォトグラファーです。
中西さんのWebサイトはこちら👇

写真家 | フォトグラファー 中西祐介 / Yusuke Nakanishi Photography | 日本
中西祐介 フォトグラファー /Yusuke Nakanishi Photography、人物、スポーツ、ドキュメンタリー撮影を得意とするフォトグラファーです。

第6回:インタビュー記事を書こう

第6回までに、各自インタビューを行い、ここから、インタビューの記事をまとめる作業に入ります。
インタビュー記事の見出し、構成などを考えて記事の完成を目指していく予定でした。また、完成したインタビュー記事は、写真とともに、Webで公開することを考えていました。

以上が、今回企画したプロジェクトの内容です。
次回は、企画を練り直し、もっともっと魅力のある企画に育てていきます。

こんなことやってほしい、興味があるなど、「おもしろそう」と思った方、ぜひ連絡ください。
一緒に奥多摩を盛り上げましょう!

タイトルとURLをコピーしました