ABOUT US

OKUTAMA+ education とは?

 2017年10月、奥多摩町の「旧古里中学校」を利活用した日本語学校「奥多摩日本語学校」が開校され、私(平澤)は、そこで新たな日本語教育の形を模索してきました。残念ながら、諸事情あり、2020年3月で一旦、休眠することとなったため、2020年4月からフリーランスとして活動を開始しました。

 これまで、奥多摩町の多くの人に支えられ、たくさんの挑戦をしてきました。「奥多摩日本語学校」で行ってきた教育は、大きな可能性を秘めています。プロジェクトをベースとしたカリキュラムや地域や大学との連携、日本語教育に縛られない「ことば」の教育のあり方、教育とテクノロジーの融合などなど。

 このような新しい発想から生まれた「教育」を、これまで支えてくださった地域社会の発展に活かしたい、こんな想いから「OKUTAMA+ education」を立ち上げました。

 「教育」を軸に、奥多摩町の、さらには日本や世界の未来を創造していきたいと思っています。

これまでの取り組み

 これまでの取り組みについて、代表の平澤があちこちで語っています。

日本語クラス潜入レポート vol.4 奥多摩日本語学校 – 日本語教育いどばた
日本語学校と日本語教師のマッチングの一助になることを目指して始めた授業見学企画。予想以上に異なる授業の数々に、日本語学校への勤務を希望する人はもちろん、すでに勤めている人、日本語学校以外で日...
CASIO×MAU 産学協同プロジェクト|CASIO
タイトルとURLをコピーしました